真夜中のカレー部 第四夜

今日書くのは真夜中のカレー部 第四夜のお話。


実は第四夜




ゲ ス ト が  い ま せ ん で し た _(:3」∠)_


しかも、お便りも全然来なくて

これはいよいよ放送出来ない状態に陥ったわけですよ(´・ω:;.:...



急遽行ったのがフレのラムさん(@Ramchocobo)を呼んでの怪談会。


第一夜でベリアス鯖の怪談会を見に行ったのをヒントに

ベリアス鯖で話したお話を生声で話そうって思ってっ!w


ただ、ボクの怖くないお話だけだと申し訳ないので

無理を言ってラムさんに出て頂いたんですー。


ちなみにラムさんのお話はこんな感じでした。


--------------------------------------------------------------------------


怪談話、ということでわたしの覚えている体験談を話させてもらいますね。

わたしは高校の頃、遠方に友人がいました。

当時はすごく仲良くさせてもらってて、

久しぶりに会おうよってことになって私の方から友人の家に遊びにいったんです。

もちろん遠方の方だったし、一泊する予定でいきました。


友人の家は郊外から少し離れたところで、友人のおうちの方々に迎えにきてもらいました。

おうちは、大きめのお寺でした。

お寺に泊まるって普通、ちょっと怖い…とかあると思うんですけど、

私自身あんまり気にしてなかったことと、特に嫌な感じもなかったのでわりと

普通に泊めさせてもらいました。


場所は、御堂の隣の部屋。

せっかくだから、と広く涼しいところを選んでくれたようです。

その日は、久しぶりに会う友人でしたし、とても楽しく過ごさせてもらいました。

ただ、ふと気になったのは、泊まった部屋の窓から見える景色でした。


一度しか見ていないんですけど、すぐ裏にお墓が並んでいるんです。

で、まだ手入れをしていないのか草が生え放題。


あぁ、これ見る人が見たら怖いだろうなあ...

と、そっと思っていたのをうっすらと覚えています。


で、本題はここからなんです。

そのあと帰ってからわたし、そうですね…1か月ちょっとくらい、毎晩金縛りにあったんですよ。

金縛りって科学的根拠とかもあるみたいだし、当時そういう知識もあったので、

始めのころは久しぶりの遠方旅行であぁ疲れたのかなくらいでした。

が、3日、1週間、2週間...

さすがにこれは、と思うほど続いたので

いい加減わたしも危機感を覚えました。


霊感のある友人に相談したところ、わたしの部屋に泊まってくれました。

部屋に入ってすぐ、あ、なんかいるねって言われました。

ちょっと嫌な感じがするって。

わたしもその頃にはあぁ、やっぱりいるんだよね、これ。

と思えるような嫌な感覚がうっすらとわかってきました。


夜23時頃就寝し、私は久しぶりに金縛りがなく眠れましたが、

朝起きて友人より足をつかまれたと話されました。

左足だったかな、つかまれたその場所はうっすら赤くなっていたのは覚えています。

そして、もうここで泊まりたくない、とそのまま帰りました。


わたしはどこにいもいけないのでそのままその部屋にいましたけど、

この金縛りの他に変な体験はなく、1か月くらいで収まりました。


ただ、少し私自身も何かを感じるようになったのか、

部屋の隅に何かいる気がする…

くらいの感じは、その後しばらく続きました。

でも時を過ぎるごとにそれはわからなくなっていって、今ではほぼわかりません。

今もいるのかな?それとも、わからなくなって飽きられてどっかにいったのかも。まぁそれが一番ですね。



---------------------------------------------------------------------------


読み返してみたんですが結構怖い_:('Θ' 」 ∠):_プルプルプル

ちなみにボクの話したお話は、妹が憑りつかれて・・・って話でしたw

まぁ聞きたい方とかがいたらまたお話しますね(ノ∀`)


さて、この第四夜の宣伝ですが

実は第三夜で放送しきれなかったカフェ ユグドラシルの樹(@yggdrasillnoki )を再度宣伝させて頂きましたー。


そして、カフェ ユグドラシルの樹の店主、ユグさんの主催する店主会様が行ったイベント

「馬鳥フェス2018」

の宣伝もさせて頂きましたー。




いやー・・・

この日、怪談話をしたんですが

正直・・・

ボクの話す怪談なんかより・・・


お便りが来ないのが一番怖いっ!.˚‧º·(°இωஇ°)‧º·˚.

29回の閲覧

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

  • 黒のYouTubeアイコン
  • nc177467
  • Black Twitter Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now